Detailed Feature

虚無と物質の彼女は標準的なクオリティの水準の高さ以外にも様々な特徴を持ちます。


・パーティキャラクターを即時に切り替えて戦えるシステム

ユーザーは複数人のキャラクターの単位で行動をすることになります。

ほとんどいつでも操作キャラクターは切り替えることができ、操作していないキャラクターはAIが代わりに操作してくれます。

ストーリーの状況に応じて最大三人までがパーティに。

逆に、一人になってしまうことも…?


・広大な冒険世界

虚無と物質の彼女は日本の市街地を中心としたアクションゲームです。

自由に散策できる市街地や都市部、一風変わった岩だらけの土地や山を切り開いたような長い道路がロケーションになります。

昼夜が変わり天候も変わる世界は物語に華を添えるでしょう。

物語と関係のない散策も良いかもしれません。安全は保障しませんが。


・フルボイスカットシーンで描かれる物語

カットシーンで描かれるメインシナリオはフルボイスで表現されますが、アニメなどでご活躍されるプロの声優さんを起用しております。素晴らしいボイスアクトによって、「虚無と物質の彼女」が意図する奇妙な物語は高い表現力で彩られます。(CVはキャラクター紹介を参照)


・戦略性のあるアクション

アクションゲームである虚無と物質の彼女には「通常攻撃」「エレメンタルスキル」「ソードスキル」「スペシャルスキル」という4種類の攻撃手段があります。

「エレメンタルスキル」を利用することで属性付与状態になり、通常攻撃に属性が付与されます。弱点属性を持つ敵にダメージを効率的に与えられるようになります。

「ソードスキル」を属性付与状態で利用すると、「属性の爆発」が起こり、属性付与状態を解除する代わりに見た目まで変わる強力な属性ダメージを与えることができます。

「スペシャルスキル」は再利用時間が非常に長いものの、カットシーン演出で大迫力の強力な攻撃を実施します。


簡単で洗練された操作ながら基本操作である回避や素早い通常攻撃のコンボなどアクション性も高く、プレイヤーはめぐるましく変化する戦況に勇敢に立ち向かっていくことになるでしょう。


・多彩な育成要素

敵を倒して得られる経験値を元にしたレベルアップは攻撃力や体力などの基礎能力を上昇させますが、育成はそれだけではありません。

敵を倒すことでまれに入手できる「記憶の欠片」は、六つまで装備することができる能力上昇アイテムです。

記憶の欠片は分解することで「知素結晶」になり、別の「記憶の欠片」や覚えているスキルのレベルを強化できます。

記憶の欠片は強化されることで装備時の能力上昇幅が向上し、スキルは強化されることで再利用可能時間(クールダウン)の軽減や威力の上昇が発生します。